LEDテープライトの種類、使用方法、加工・接続方法

次世代のあかり、LEDテープライト

LEDテープライトは巾約1cmのテープ状基板にLEDが一定間隔で配置された照明器具です。
発熱も少なく、チューブライトよりもカット間隔が短いので、ショーケース内の照明にも向いています。もちろんイルミネーション用途にもお使い頂けます。
防水性も高く、屋外の内照式看板等にもお使いいただけます。
RGBの3原色のチップが1個のSMDに実装されたLEDを使用したテープライトでは、専用のコントローラを使用して調光も可能です。

  • LEDテープライト(SMD5050型、RGB色、5m巻)
    RGB
  • LEDテープライト(SMD5050型、電球色、5m巻)
    電球色

LEDテープライトについてのFAQ

LEDテープライトとはどんなものですか?

LEDテープライトは巾約1cm、厚さ約1mmのテープ状基板にSMD型のLEDが等間隔で配置された照明器具です。
発熱も比較的少なく、チューブライトよりもカット間隔が短いので、ショーケース内の照明にも向いています。
もちろんイルミネーション用途にもお使いいただけます。
電源は直流12V仕様のものが多く、弊社で扱っているのもこのタイプです。

LEDテープライトにはどんな種類がありますか?

以下に弊社取り扱いテープライトの特徴をまとめた表を掲載致しますので、ご参照下さい。
(「種類」の項目をクリックするとそれぞれの商品カテゴリのページにジャンプします)

正面発光タイプのテープライト
種類 SMD5050型
R3
SMD5050型
R2
SMD3528型
R3
1列タイプ
SMD3528型
R2
1列タイプ
SMD3528型
2列タイプ
長さ 5m
球数 60球/1m
300球/5m
240球/1m
1200球/5m
1球あたり
LEDチップ数
3 1 1
消費電力
(1巻あたり) ※1
55W 38W/48W
※2
24W 72W
光の明るさ
カラーバリエーション 単色 /
フルカラー(RGB)
単色(全8色) 単色(白のみ)
防塵防滴
性能(本体)
IP65 IP67 IP65 IP67 IP65
テープチューブの材質
(チューブ内の処理)
シリコン
(中空)
PVC
(樹脂充填)
シリコン
(中空)
PVC
(樹脂充填)
シリコン
(中空)
リード側処理 2芯電線
(RGBは4芯電線)
DCジャック付コード
(RGBは4芯電線)
2芯電線 DCジャック付コード 2芯電線
エンド側処理 コード無し
(エンドキャップ)
※3
DCプラグ付コード
(RGBは4芯電線)
コード無し
(エンドキャップ)
DCプラグ付コード コード無し
(エンドキャップ)
直列連結可能な
長さ(推奨長)
5m 5m 5m 10m(2巻) 5m
カット単位 5cm(3球) 2.5cm(6球)
価格 高価 安価 高価
説明 1球あたり3LEDチップを使用した、明るいタイプの正面発光型テープライトです。 1球あたり1LEDチップを使用した、オーソドックスな正面発光型テープライトです。 光の密度が高い2列タイプの正面発光型テープライトです。
  1. 消費電力は製品の販売単位そのままで点灯させた場合を基準にした値です。短くカットして使用する場合、単位長さあたりの消費電力は上昇します。
    カットして使用する場合はより容量に余裕を見て電源をお選びください。
  2. レッド/イエロー/RGBは48W、その他の色は38Wになります。
  3. 型番SPLT-SCX-で始まる5050R3テープライト(特価品)の場合、単色については専用コネクタ付コードが、RGBについては4芯電線がエンド側から出ています。
側面発光タイプのテープライト
種類 SMD
040型
RGB
SMD
3014型
単色
SMD
020型
単色
長さ 5m
球数 60球/1m
300球/5m
1球あたり
LEDチップ数
3 1 1
消費電力
(1巻あたり) ※1
48W 35W 24W
光の
明るさ
カラー
バリエーション
フルカラー(RGB) 単色(全2色) 単色(全6色)
防塵防滴
性能(本体)
IP65
(防滴型のみ)
IP65
テープチューブの材質
(チューブ内の処理)
シリコン(中空)
(防滴型のみ)
シリコン(中空)
リード側処理 4芯電線 2芯電線
エンド側処理 コード無し(エンドキャップ)
直列連結可能な
長さ(推奨長)
5m
カット単位 5cm(3球)
価格 高価 安価 やや安価
説明 フルカラー(RGB)タイプの側面発光型テープライトです。 単色の側面発光型テープライト。やや明るいタイプです。 単色の側面発光型テープライト。看板の縁取りなどに便利です。
  1. 消費電力は製品の販売単位そのままで点灯させた場合を基準にした値です。短くカットして使用する場合、単位長さあたりの消費電力は上昇します。
    カットして使用する場合はより容量に余裕を見て電源をお選びください。

防滴型LEDテープライトと非防滴型テープライトの違いは?

防滴型のLEDテープライトは、テープ基板の周囲にシリコンやPVCでカバーをしたテープライトです。
弊社で扱っているテープライトは、基本的に防滴型になります。

非防滴型テープライトは、テープ基板の周りにシリコンやPVCのカバーがついていません。
この分、厚みは防滴型のLEDテープライトと比べて薄くなります。
屋内や、電気器具のケース内などでの使用に向いています。

LEDテープライトの3528型SMDと5050型SMDの詳しい違いは?

LED発光部分の形、大きさ、明るさが異なります。
3528型のSMDの場合、1つの発光部の大きさは2.70mm x 3.20mm で、1つの発光部に1つのLEDチップが装着されています。
5050型のSMDの場合、1つの発光部の大きさは5.00mm x 5.30mm で、1つの発光部に3つのLEDチップが装着されています。
つまり、5050型のほうが3528型よりも3倍明るい、ということになります。
3528型、5050型、いずれもテープ基板上に配置する間隔は、15SMD/m, 30SMD/m, 60SMD/m の3種類があります。
弊社で主に扱っている商品は、60SMD/m の品ですが、15SMD/m, 30SMD/m の品も特注で承ります。

  • SMD3528型LEDとSMD5050型LEDの違い(1)
    上が5050型、下が3528型
  • SMD3528型LEDとSMD5050型LEDの違い(1)
    上が5050型、下が3528型

LEDテープライトの接続の方法は?

RGB以外の色のLEDテープライトの場合
お買い求めいただいた際には、LEDテープライトの末端(両端)に、DCジャックがついています。
これを、AC/DCアダプタ側のジャックに差し込めば、ご使用いただけます。

  • DCジャック差し込み前
  • DCジャック差し込み後

RGBのLEDテープライトの場合
「RGBのLEDテープライトの接続の方法、延長の方法」をご覧下さい。

LEDテープライトを切断して使用することはできますか?

はい、可能です。
切断して残ったところも使用可能です。
切断する際には、テープ表面にカットマーク(ハサミのマーク)が印刷されていますので、この部分で切断してください。ハサミで簡単に切ることができます。
切断する際の最少単位は、60SMD/m の品で 5cmとなります。

  • LEDテープライトのカットマーク(切断位置)

LEDテープライトを切断して残った部分はどうすれば使えますか?

以下の「LEDテープライトの加工の方法は?」をご覧ください。

LEDテープライトの加工の方法は?

手順は以下のようになります。
1. 末端に電線を半田付する
2. 半田付した末端にエンドキャップまたは熱収縮チューブを被せる
3. もう一方の末端にエンドキャップまたは熱収縮チューブを被せる

以下、各手順についてご説明します。
1. 末端に電線を半田付する
防滴タイプのLEDテープライトの場合にはまず、端子部分を露出するために、カバーをカッターなどで削ぎ取ります。

  • カッターで被膜を削ぎ取る(1)
  • カッターで被膜を削ぎ取る(2)

  • カッターで被膜を削ぎ取ったところ

次に、露出した端子部分に電線を半田付します。

  • 電線を端子に半田付け(1)
  • 電線を端子に半田付け(2)

  • 電線を端子に半田付け(3)

2. 半田付した末端にエンドキャップまたは熱収縮チューブを被せる
半田付けした電線の固定と防水のためにエンドキャップをかぶせます。
エンドキャップへ、あらかじめ電線の通る穴をキリなどであけておきます。
エンドキャップ内部へ、接着剤を入れてテープライト本体にかぶせます。

  • エンドキャップを被せる

3. もう一方の末端にエンドキャップまたは熱収縮チューブを被せる
もう一方の電線の出ていない側の末端にも絶縁、防水のためのエンドキャップをかぶせます。

  • 末端にエンドキャップを被せる(1)
  • 末端にエンドキャップを被せる(2)

RGB LEDテープライトの接続の方法、延長の方法

ここでは「アドレス無しタイプ(全体が色変化するタイプ)」の RGB LEDテープライトの接続・延長の方法についてご説明します。
SMD5050型R2 RGB LEDテープライト(正面発光・防滴タイプ)
SMD5050型R3 RGB LEDテープライト(正面発光・防滴タイプ)
SMD040型R3 RGB LEDテープライト 屋外向け(側面発光・防滴タイプ)

これらのテープライトを使用するには、以下の部品が必要になります。

・LEDテープライト用RGB調光コントローラ
・DC12V電源(AC/DCアダプタ) ※AC100V電源で点灯させる場合

調光コントローラやアダプタの種類、価格等については、テープライト用部品の一覧をご覧ください。

RGBテープライト本体はRGB3ch調光コントローラに接続します。
使用するRGB調光コントローラの容量によって、接続可能なテープライトの長さが異なってまいります。
容量12Aタイプのコントローラの場合、1台あたり 10m(2巻)まで接続が可能です。
容量18Aタイプのコントローラ(任意色固定可能)の場合、1台あたり 15m(3巻)まで接続が可能です。
容量30Aタイプのコントローラの場合、1台あたり 20m(4巻)まで接続が可能です。
但し、直列接続については推奨5m以内となりますので、5m以上接続する場合は並列に接続して下さい。

コントローラには DC電源(AC/DCアダプタ)を接続して電源を供給する必要があります。
コントローラにつなぐテープライトの消費電力に応じて、適切な容量の DC12V電源を接続して下さい。
安定した点灯の為には、アダプタの容量は余裕を見ておく必要があります。こちらの説明と表をご参照ください。

また、コントローラの容量を超える長さのテープライトを 1台のコントローラで同期して制御したい場合は、別売の信号増幅器(アンプ)を使用して、テープライトを増設することが可能です。
信号増幅器を使用する場合の配線方法は 3種類あります。以下の接続ダイアグラムをご参照ください。
RGB LEDテープライト接続ダイアグラムp1(PDF)
RGB LEDテープライト接続ダイアグラムp2(PDF)
RGB LEDテープライト接続ダイアグラムp3(PDF)

信号増幅器を使用する場合は、増幅器に対しても電源を供給する必要があります。
増幅器につなぐテープライトの消費電力に応じて、こちらをご参照の上、適切な容量の DC12V電源(AC/DCアダプタ)を接続して下さい。

DC電源(AC/DCアダプタ)の容量と点灯可能なLEDテープライトの長さの目安

使用するテープライトの種類とDC電源の容量により、点灯できる長さは異なってまいります。以下の表をご参照下さい。
安定した点灯の為に、電源の容量は余裕を見てお選び下さい。

DC電源(AC/DCアダプタ)の容量と点灯可能なLEDテープライトの長さの目安

テープライト本体の型式

5050型
(60球/m)

3528型
(1列)

側面発光
020型

3528型
(2列)

側面発光
040型

側面発光
3014型

長さ
5m
消費電力
(1巻あたり) ※1
55W
24W
72W
48W
35W

DC電源容量と点灯可能な長さ(推奨長)

35W(3A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V35W-MW
2.0m 5.2m 1.4m 2.3m 3.3m
36W(3A)
SPLT-ZG-ACDC-NP-12V36W
2.0m 5.4m 1.5m 2.3m 3.4m
60W(5A)
SPLT-ZG-ACDC-NP-12V60W
3.4m 8.9m 2.5m 3.9m 5.7m
100W(8.5A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V100W-MW
5.7m 14.9m 4.1m 6.5m 9.5m
150W(12.5A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V150W-MW
8.5m 22.3m 6.1m 9.8m 14.3m
200W(17A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V200W-MW
11.4m 29.8m 8.2m 13.0m 19.0m
350W(29A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V350W-MW
19.9m 52.1m 14.3m 22.8m 33.3m
600W(50A)
SPLT-ZG-LED-TPP-ACDC-12V600W-MW
34.1m 89.3m 24.5m 39.1m 57.1m
直列連結可能な
長さ(推奨長) ※2
5m R3は5m
R2は10m
5m
  1. 消費電力は製品の販売単位そのままで点灯させた場合を基準にした値です。短くカットして使用する場合、単位長さあたりの消費電力は上昇します。
    カットして使用する場合はより容量に余裕を見て電源をお選びください。
  2. 直列連結可能な長さは灯体の種類ごとに上限があります。直列連結可能な長さを超える場合は並列に接続してください。